ask BLOG

2011.10.26  ask BLOG Heart to Heart by マッキー

こんばんはチーフの成相です。

今日は夕方サロンを抜け出し、米子コンベンションセンターで行われた 『槇原敬之』のコンサートへ行って来ました

営業日にも関わらず行くからには 何かしら得て、また仕事の糧にしなくては…と思って向かいました

マッキーといえば、私が美容師を目指し 大阪へ出た頃、 ホームシックや社会の厳しさで涙する日々を 癒し、励ましてくれたミュージシャンの1人
特に「どんなときも。」 はマッキーの代表曲の一つであり、私の若かりし頃の応援ソングの一つでもあります

その頃からずいぶん年月経って、久しくアルバムを聞いたりもしてなかったですが、さすがに一番最近のアルバムは買って予習してました

3月の大震災を東京に居て体験されたマッキーのメッセージが込められたアルバムだとコンサート中お話しされました。

自分の周りの全ての物事は自分へのプレゼント
ありがたい気持ちを忘れて粗末に扱う人に、またプレゼントしたいとは誰も思わないはず…

自然からすれば人間はとてもちっぽけだけど、一人一人が 感謝の気持ちを持って過ごせば、大きな力になって 自然もきっと優しくなってくれるはず…

水、電気、食べ物…どれ一つ当たり前にあるものでは無いのです…

なかなか日常感じる事なく過ごしてしまってる…

もっともっと「ありがたい」と感じるべき…

そんな、深くて強いメッセージを、マッキーの厚みがあり、パワフルで透明感のある歌声が、会場のみんなの心に訴え、響かせているのを強く感じました

私も予想以上に感動し、涙しながら聞いてました

いろんな分野で頑張ってる人やいろんな芸術に触れたり、刺激を受けたり、世界観を広げることはとっても楽しいし、人生観が変わり、平凡に感じてた毎日が特別なものになったり…

昨日のマッキー&バックバンドの方達に

たくさんパワーをもらい、いろんな意味で救われた気分でした

かなり後ろの席で、ほとんど表情は見えませんでしたが、汗だくで一生懸命歌っている姿はとても素敵で、素晴らしい人柄も 伝わってきました。

二時間歌い続け、アンコール… 最後の最後に…やった「どんなときも。」みんなで大合唱
我ながらビックリするくらい完璧に歌詞覚えてました(笑)

懐かしい気持ちと 初心に戻れた歌でした

ホントに良かった

チケット取ってくれた友人、営業日にも関わらず行かせてもらえた環境に心から感謝です

みなさんも芸術の秋しっかり満喫し、よりHappyな日々をお過ごしください